push通知で更新をお知らせ

南町田グランベリーパーク説明会【最新情報】2019年5月17日プロジェクト発表会の感想!

8 min
南町田グランベリーパークプロジェクト発表会

南町田グランベリーパークのプロジェクトの説明会が2019年5月17日18日に開催されました!

更に詳しい南町田のまちびらき後の姿や、南町田再開発に込められた想いを知るとこが出来ましたよ。

 

今回は、プロジェクト発表会の感想や最新情報をまとめていきたいと思います。

 

また、予定は変更となる可能性があります。

生まれ変わる南町田が楽しみで仕方がない!という期待とともに、ご参考までにお読みいただけますと幸いです!

 

[box class=”box77 shadow”]
正式発表されたテナント情報はこちら!

Check南町田グランベリーパークの店舗テナントが正式発表!レアショップ有り197店舗をご紹介!

[card2 id=”261″ target=”_blank”][/box]

 

もくじ

南町田グランベリーパークのコンセプトは「すべてが公園のようなまち」

南町田駅は、グランベリーパークのまちびらきと共に【南町田グランベリーパーク駅】に名称を変更することが決まっています。

この”グランベリーパーク”という名称には「駅を降り立った瞬間から公園にいるようなワクワク感」というような意味が込められているそうです。

 

鶴間公園と商業施設を含むパーク全体に、全部で14の広場・遊び場・プラザが作られ、誰が訪れてもいつ訪れてもお気に入りの場所が見付かる…そんな街になります!

 

広さはなんと東京ドーム5個分!2014年からまちづくりを開始していたそうですよ!

 

モンベルは場所を移転!グランベリーパーク商業施設の各ゾーン

南町田グランベリーパークのプロジェクト発表会では、商業施設のコンセプトが発表されました。

 

それはずばり「生活遊園地」!

 

「ライフスタイル」「アウトドア」「キッズ」など、8つのゾーンに分かれていました。

 

 

駅前街区には生活利便店舗が

 

 

駅前街区には東急ストアやドラッグストア、クリニックや学童など、生活利便店舗が入る予定です。

付近のウェルカムプラザは6月に利用開始になる南北自由道路と繋がっていますので、ロータリーのある北口からこの駅前街区にスムーズに移動できるようになります!

 

そのまま駅前街区と商業施設を結ぶ街区間デッキを進むとそこはグランベリープラザ。

大きなシンボルツリーがお出迎えしてくれるそうです。

 

 

シネマ棟はエンターテイメントゾーンに

 

 

シネマ棟には109シネマが戻ってきます。
近くにはシアタープラザと呼ばれる広場が。
300インチものスクリーンが設置され、本物の炎が噴き出す演出も行われます。

 

 

レストランエリアは鶴間公園側に

 

 

商業施設利用者だけでなく、鶴間公園に来た人たちも利用しやすい様、レストランゾーンは商業施設の中でも鶴間公園に1番近い場所にするそうです。

 

 

パークライフゾーンにはキャンピングカーの展示も

 

サンポタマージュ側のパークライフゾーンでは、キャンピングカーの展示などが行われるそうです。

 

という事はトイファクトリーはこのパークライフゾーンに出店となるのでしょうか!

初の試みとなるキャンピングカーのレンタルも開始されますよ。

 

 

モンベルはアウトドアゾーンに出店

 

商業施設の南西に位置するアウトドアゾーンにはモンベルが出店するそうです。

近くのパークプラザと呼ばれる広場からは、アウトドアとスポーツのイベントや、公園が一望できるように芝生の丘が作られます。

 

スノーピークもこのアウトドアゾーンに出店となりそうですね。

 

 

商業施設の南側にはキッズゾーン

 

キッズゾーンには調理体験が出来るレストランや、フードコート、NHKキャラクターズなどが入ります。

 

キッズゾーン付近のオアシスプラザには、水遊びのできる噴水が作られます!

 

イベント広場としても使える大階段もあり、子どもが時間を忘れて楽しめるエリアにするそうです。

 

 

旧ケーズデンキ前のライフスタイルゾーンには植物園?!

 

ケーズデンキ側はライフスタイルゾーンになります。
インテリアショップなどが軒を連ね、植物園のような店舗が入るそうですよ!

ライフスタイルゾーンをもう少し駅の方に進むとそこはアートプラザと呼ばれる広場が。

散策と憩い、アートが融合する広場になるそうです。

 

中央のマーケットゾーンには鮮魚精肉ベーカリーなどが

 

商業施設中央はマーケットゾーン。

鮮魚・精肉・ベーカリーなどの店舗が入ります。

付近のマーケットプラザでは、マーケットゾーンで購入したフードをピクニック気分で楽しめるそうです。

 

 

鶴間公園は「心と体が健康になる公園」に

お次は鶴間公園。

ピクニックをしたり、スポーツや運動をしたり、散策したり…

鶴間公園では豊かな時間を過ごすことが出来そうです!

 

 

スポーツエリアのクラブハウスにはカフェ、運動広場は外周トラックを設置

スポーツ広場の広さは約6,500平米にもなるそうです。

フットサルコート3面がとれ、人工芝。ナイター設備も完備しています。

 

クラブハウスには60平米のスタジオを完備。

ロッカーやシャワールームなどがあるので、鶴間公園でスポーツを楽しむ人たちだけでなく、境川沿いをジョギングやサイクリングする人が立ち寄れるような場所になりそうですね。

 

もちろんカフェも入ります!

 

線路沿いにある運動広場は外周にトラックを設け、ジョギングが楽しめますよ!

 

 

鶴間公園の子どものプレイグラウンドは3つ!「森」「星」「水」の遊び場

鶴間公園には子どものプレイグラウンドが3つ。

以前森林のようだった場所に作られた「森のあそびば」には、大きな遊具がありアスレチックさながら!

 

ブランコや滑り台、砂場などがある幼児広場は「星のあそびば」。

何と砂場が星型をしているそうです!

 

境川沿いのせせらぎ広場横に作られるのは「水のあそびば」。

水遊びが出来る広場です。

 

つるまの森は古きよき南町田の風景を受け継ぐ場所

運動広場とさわやか広場の間にある、旧森林ゾーンは「つるまの森」になります。

森の中をゆっくりと楽しめるように散策路や休憩所が作られ、ノルディックウォーキングの距離のサインを設置。

 

住民の生活同線として照明も設けられます!

 

 

水道みちにはマルシェやフードカーが来る!

鶴間公園の中の水道道は、マルシェやイルミネーションなどのイベントに使われる予定だそうです。

フードカーの出店もあるそうですよ!

 

水道みちを散策しながら「四季のテラス」で季節の草木を眺める事が出来ますよ。

 

 

スヌーピーミュージアムのオープンは2019年12月予定!

発表会ではスヌーピーミュージアムの館長さんがいらしていました。

 

スヌーピーミュージアムはもともと移転が決まっており、六本木の再開発着工までの有効活用だったそう。

移転先として現在の六本木周辺を考えた時、移転する先がビルの中…というのはスヌーピーミュージアムのイメージと違うという事で、白羽の矢が立ったのが南町田だったそうです!

 

スヌーピーの生みの親、シュルツさんが住んでいたカリフォルニアのサンタローザは自然豊かな街、鶴間公園に隣接するパークライフ・サイトは、まさにスヌーピーミュージアムにぴったりな場所ですね。

 

来場者数がすごい!スヌーピーミュージアム

六本木のスヌーピーミュージアムは2年半で何と136万人にもなるそう。

つまり1年で約50万人も来場している事になります。

 

日本全国からわざわざ来場するだけでなく、全世界からも来るそうですよ!

 

「えいごのまちだ」と連携するスヌーピーミュージアム

町田市では、放課後英語教室を実施するなど英語教育に力を注いでいます。

スヌーピーミュージアムはその「えいごのまちだ」事業と連携し、例えば小学校の子どもたちが参加できるようなイベントなどを展開していく予定になっています。

 

南町田の新しい交流の場、子どもクラブとまちライブラリー

以前から子育て中の私が特に注目をしていた、パークライフ・サイトに出来ると言われていた子どもクラブについても発表がありました!

 

子どもクラブはつくし野中学校区

町田市では中学校区を単位に子どもクラブを整備しています。

南町田グランベリーパークのパークライフ・サイトに出来る子どもクラブはつくし野中学校区の子どもクラブになるそう。

 

乳幼児から高校生まで幅広い世代の子どもたちが利用できる施設になるとのことでした。

 

みんなで本を持ち寄って作られるまちライブラリー

パークライフ・サイトに入るまちライブラリーは、感想カードと言われるカードにメッセージを添え私たちが本を寄贈する事で作られていくライブラリーです。

 

子どもと大切に読んできた本を寄贈できたら素敵ですよね!

 

町田市の図書館は、予約をしておけばリエゾンで借りることが出来ますが、この「まちライブラリー」は人と人との交流を生み出すコミュニティ的場所になりますよ。

 

鶴間公園で伐採された樹木が、子どもクラブやまちライブラリーで新しい姿に

個人的にちょっと感動したのがこちら。

 

鶴間公園の樹木は多く伐採されましたよね。

その姿を見て、少し寂しい気持ちになったり思い出が取り崩されるような気持になったのは私だけではないはず!

 

この伐採された樹木は、製材・加工されて子どもクラブやまちライブラリーの本棚やテーブル・椅子などに生まれ変わるそうです。

 

まだある!南町田グランベリーパークのプロジェクト発表会でわかったこと

鶴間公園・商業施設・スヌーピーミュージアムの詳細だけでなく、今回のプロジェクト発表会では次のような事を知ることが出来ました。

 

LEED環境認証制度まちづくり部門の予備認証取得、駅舎を含む認証は日本初!

「南町田の再開発が何やら凄い認証を得た」というのはご存知かと思いますが、このLEED環境認証制度というのは、省エネや環境に配慮した敷地利用をしているかという事を評価するシステムです。

 

[open title=’ LEEDまちづくり認証について少し詳しく知りたい方はこちら’]

グランベリーパークがゴールド予備認証を取得したLEED NDの評価項目にはこのような項目があります。

 

[list class=”li-mainbdr li-pastelbc strong”]

  • スマートな立地選択と周辺とのつながり
  • 近隣街区のパターンとデザイン
  • グリーンなインフラと建物
  • 革新性
  • 地域における重要項目

[/list]

 

 

更にLEEDは得点に応じて上から、

[list class=”ol-circle li-pastelbc shadow nobdr strong main-bc-before”]

  1. プラチナ
  2. ゴールド
  3. シルバー
  4. サーティファイド

[/list]

 

の4つのレベルで評価されます。

[/open]

 

南町田は特にグリーンインフラについて高く評価をされたとのこと!

 

雨水を川に流さず土に戻すシステムや、雨水を活用した「レインガーデン」など、南町田には自然を生かした工夫がなされています。

 

更に、ゴールド認証は日本国内でたまプラーザと晴海五丁目再開発に次ぐ3番目の認証となるだけでなく、駅舎を含む認証取得はなんと日本初!

これは誇らしいですね。

 

ロータリーのある北口の屋根は2019年7月に設置、2021年度に交番も

以前から地域住民のたっての要望でもあった、北口ロータリーの屋根は、2019年7月頃をめどに設置されます。

北口をぐるっと1周覆うように屋根が設置され、バスを待っている間に雨に濡れる事はありません。

 

また2021年年度には交番も出来る予定だとか!

ちょっとうろ覚えなのですが、場所としては北口駅前広場の右端の方だったと思います。

 

 

パーク内にはヘリポートや停電で消えない電灯を導入、災害に強い街に

南町田グランベリーパークでは災害時の対策もなされています。

運動広場はヘリポートとして活用が可能。

災害の停電時でも消えない「消えないまちだ君」という照明を設置していますので、心強いですね!

 

また、商業施設の中心部分に設置予定の防災センターは、24時間対応で夜間も適宜巡回予定とのことでした。

 

旧東急ストア駐車場跡地・旧ケーズデンキ跡地の複合利用ゾーンは未だ詳細未定

旧東急ストア横の駐車場跡地には都市型住宅用地になる予定ですが、こちらは住宅計画の詳細未定です。

また旧ケーズデンキ跡地の複合利用ゾーンに関しても詳細は未定。

 

商業施設オープン後は、多くの来場者に対応するため暫定駐車場として利用する予定となっています。

 

2019年のなんまちまつりについても触れていました

南町田で毎年行われているなんまちまつり。

今年も鶴間公園で開催されるそうです!

 

一足先に鶴間公園の中で楽しむことが出来る機会になるのでしょうか。

とても楽しみです。

 

南町田グランベリーパークの求人情報の掲載予定は

南町田グランベリーパークには全部で230店舗が入る予定です。

そうなると気になるのが求人情報!

 

周囲にも「グランベリーパークのオープニングスタッフとして仕事を始めたい!」という方が多くいます。

 

求人情報は基本的に各テナントごとの募集となるため、すべての求人情報を網羅している訳ではないそうですが、

アイデムと提携し5月31日に特設サイトがオープンしますよ!

 

ぜひチェックしてくださいね。

 

 

南町田グランベリーパーク【最新情報】プロジェクト発表会の感想!まちびらきまで半年、さいごに

今回のプロジェクト発表会は、170名程度を収容できる会議室で行われました。

 

開場時間頃に到着した時、既に7割程度が埋まっていて、スタート15分前には満席に。

その後、プロジェクターを急遽増設し、3会場を使って発表会が行われました。

 

予想以上に多くの人たちが集まり、南町田グランベリーパークがいかに注目されているのかがわかりますね。

 

子どもたちにとってグランベリーパークそのものが、故郷になるのだなと思うと感慨深いです。

生まれ変わる南町田が楽しみですね!

 

[box class=”box77 shadow”]
正式発表されたテナント情報はこちら!

Check南町田グランベリーパークの店舗テナントが正式発表!レアショップ有り197店舗をご紹介!

[card2 id=”261″ target=”_blank”][/box]

 

 

なんまちまま

なんまちまま

南町田周辺に生息する子育て中の主婦です。静かでのんびりしたグランベリーモールが大好きでした。行列に並ぶのは嫌い、でも美味しいものは好き。南町田周辺の情報をゆる~くお届けします。

関連記事

Copyrighted Image